2020年7月3日金曜日

【MM2H申請の約1,000件がリジェクト・・・】

2020年6月25日以降、2019年9月から11月の間に提出された申請から約1,000件の拒否が受け取られたことを明らかにしました。

MM2HCA(MM2H代理店協会)によれば、これは90%以上の拒否率に相当します。

「以前のバッチの拒否率は10%未満で、提出前に厳密な審査が行われていました」とMM2HCAの代表であるLim氏は説明しました。

「これは、MM2Hプログラムが開始された2006年以来、これまでに起こったことは一度もない」と彼は付け加えております。

弊社で申請されたお客様の中にも、拒否されたお客様がいらっしゃいます。
事前に、収入証明、残高証明等条件を満たし、提出しておりますが、いきなりのリジェクトレターを受け取りました。

以前は問題がある場合は、観光省から連絡がきてました。
しかし、今回は連絡なしのいきなりのリジェクト。
そして、リジェクトレターにはThe decision is final. No further appeal will be considered.(この決断は最終的なもので、アピールをすることはできない)と記載がございます。

リジェクトされた理由や説明もないため、現在MM2HCAは公正かつ合理的な対応を望んでおります。

このことは、マレーシアの報道でも下記取り上げられています。



https://www.thestar.com.my/news/nation/2020/07/02/more-than-90-of-mm2h-applications-from-sep-nov-2019-rejected-claims-agents-association

https://www.edgeprop.my/content/1705995/agencies-puzzled-concerned-over-90-rejection-rate-mm2h-applications

-----------------------------------

尚、弊社はMM2H申請やMM2H関連手続き、銀行同行サポート、ゴルフツアー、短期サービスアパートメントの予約、保険、資産運用、車関係、不動産まで、マレーシアで生活する為に必要なサポートをしております。

ホームページをご覧下さいませ。http://www.tpcl.jp/

最後までありがとうございました!



にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


2020年6月23日火曜日

【東京海上保険マレーシア:コロナ対応保険販売開始!】


コロナウィルス対応保険がマレーシアにて販売開始になりました!

コロナウィルスが収束し始めておりますが、第2波も予断できない状況であるのはどこの国でも同じだと思います。

マレーシアで販売開始になったコロナウィルス対応のVital insuranceはコロナウィルス感染症以外で気管支炎肺炎結核肺感染症喘息インフルエンザH1N1型インフルエンザ(2009年新型インフルエンザ:豚インフルエンザ)鳥インフルエンザも対象になります。


コロナウィルス感染症にかかり、入院されない場合も給付金が支払われます。

No.
基本補償
Plan 1000 (RM)
Plan 2000 (RM)
Plan 3000 (RM)
A
入院給付金
1,000
2,000
3,000
B
コロナ罹患時給付金(※入院不要時)
500
1,000
1,500
C
死亡見舞金
5,000
年間保険料(印紙税RM10が別途加算)
RM 88.00
RM 155.00
RM218.00

この保険は、コロナ感染、または対象になる病状だと診断された場合に給付金がおります。医療保険に加入されていて、入院した場合は、両方に請求が可能になります。


*加入対象年齢:申込日の次の誕生日時点でのご年齢が16~55歳の方で、有効な滞在VISA所有者になります。


詳細は各支店までお問い合わせくださいませ。

クアラルンプール支店:TEL:03-79558553 yoyaku@tpcl.jp(松永)


ペナン支店:     TEL:04-2286540  infopenang@tpcl.jp(上原)

ジョホールバル支店: TEL:07-3362221  tour@tpcl.jp(ポン)

トロピカルリゾートライフスタイルは東京海上保険マレーシアの正規代理店になっております。

上記コロナ保険以外にも、デング熱/ジカ熱保険、医療保険、傷害保険、車両保険、ゴルファー保険、旅行保険、火災保険、家財保険等も取り扱っております!


-----------------------------------

尚、弊社はMM2H申請やMM2H関連手続き、銀行同行サポート、ゴルフツアー、短期サービスアパートメントの予約、保険、資産運用、車関係、不動産まで、マレーシアで生活する為に必要なサポートをしております。

ホームページをご覧下さいませ。http://www.tpcl.jp/

最後までありがとうございました!



にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


2020年6月18日木曜日

コロナヴィルス <回復移動制限令 (RMCO)> 学校は6月24日から、幼稚園は7月1日から再開

マレーシア政府が新型コロナウイルスの発生を阻止する意図に沿って、ウイルスの拡大を防ぐため、3月18日から移動制限を実施されましたが、
抑制を徐々緩和し、6月10日から回復移動制限令 (RMCO)を発明しました。


学校は6月24日に再開する予定です。 学校再開によって以下規制が行われております。
- 学校・クラス入口での温度チェック
- 教室への方向を設定
- 1メートル離れて配置されたデスク
- 各教室は20人生徒を超えない
- 休憩時間ローテーション
- 休憩中は教室の自分の机で食べる
- スポーツイベント禁止
- 学校集会禁止









また、7月1日から幼稚園を再開を決定されました。教育省がこれのための標準的な運用手順(SOP)を作成され、全国約24,000の幼稚園が対象になっています。
SOPには、生徒の学校内の移動方法、遊び方、食事の時間は含まれているようです。
SOPが決定次第、文部省から発表される予定です。


「回復移動制限令」(RMCO)の実施上、映画館やコンサートなどの大規模な集まり以外に、経済のほとんどが再開されてきました。モスク、教会、寺院も、いわゆるグリーンゾーン(コロナウイルス感染のない地区)では再開できるようになりました。
州を超える移動も可能になったため、国内旅行もできるようになりました。

但し、国の境界は観光客に閉鎖されたままです。


マレーシア学校に通学するお子様がいらっしゃる方は、政府が決定したSOPももちろんですが、新型コロナウィルスの対策を各学校にもどのように設定されているのかをお確かめの上、お子様も安心で行かせるようになるかと思います。


皆さんも、コロナウィルスに気を付けましょう。


===


RMCOに関して、詳細は下記をご覧頂けます!
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_05072020.html